2017年04月05日

第伍章   踵のカサカサや小指の変形、臭い体臭は要注意 : 代謝を旺盛にして体を温めガンに打ち勝つ

 近頃体の痛みや不調を訴える以外に、生活様式の変化から膝から下の固い人が増えた。座る文化も大切だ。
膝廻りの肌の色が悪い、踵のカサカサとひび割れ、外反母趾、小指等の変形、小指爪の欠落、親指の巻き爪等も
多い。まだ足指が異常になっていなくとも、足指の指圧をするととても痛がる人が増えた。
体の末端の異常は相当骨盤の歪みが進行している証だ。

 人の体は悪くなる時も骨盤から末端へと広がっていく。良くなる時も骨盤から末端へと治っていく。
末端は最も治しずらい。従って治療も骨盤を中心に末端まで全身の骨格や関節、筋肉、内臓など長年放置していた代償として入念に治さねばならない。
接骨院や病院のように痛い部位だけの治療では永遠に治らない。

 また整体の施術時に長年患った、あるいは特に悪い部位はいったん痛みが消えても、また痛みが強くぶり返し現れたりして完治までに随分長い時間が掛かることが多い。熱が出たり腫れたり化膿することもある。
このように整体の施術を受けて痛みが強く現れたり、ぶり返すことを「好転反応」あるいは「反動」と呼んでいる。この痛みは短時間で消えるし、その後関節など一段と可動域が拡大したり、今まで困難だった活動が出来るようになる。私は五十歳ころは散歩もおっくうで自転車を使っていたが七十四歳の今はジョギングを楽しんでいる。

 「好転反応」の原因はその部位が柔軟になり、血液やリンパの流れが改善し、細胞が栄養や酸素を多量に消費し代謝が旺盛になり、老廃物の回収や殺菌も盛んになるからである。
代謝とは、人体は60兆もの細胞で構成され、細胞はその一部を日々更新し成長、増殖している。
その為に栄養や酸素を取り入れ、細胞内で新しい物質を合成している。これとは逆に細胞内では不要になったものを分解処理したり、エネルギーを作り出すこともする。エネルギーを作ったり、利用したりする過程で熱が発生する。その結果生じた不要物質は細胞外に排泄される。骨格筋や肝臓は熱産生が特に高いといわれる。
肉体内部や骨格筋の運動で産生された熱は血流によって全身に運ばれる。その時、血中の白血球、特にリンパ球は免疫機能が強力で疫病などから体を守ってくれる。つまり代謝が旺盛なら病気はしない。

 近頃、初めて治療に来る人に、体臭がとても臭い人が多くなった。また、手足や腰から下の冷えを訴える人が増えた。この仕事を始めた頃は三人に一人がガンになると云われていたが、今では二人に一人がガンになっている。歳若くして志半ばにしてガンで逝去される有名人も多い。ここ二十年ぐらいのことで医学の進歩と謳われているが逆である。ガンになる人は体臭が臭い。また治療の時手足に触れると冷たい。若い人でも初診の時は体臭の臭い人が多いが数回で無臭になる。若い女性など数か月もすると仕事を止めて後からついて回りたいほど素敵な香りに変わる。幼稚園児が集団で引率されて来ると、遠くからでも素敵な香りに心を引かれる。

 ガン細胞は熱に弱いといわれているのでマラソン選手はガンにならないと言われている。私も歳とともに手足が温かくなった。風邪をひかなくなったし、目や鼻喉が良くなった。
若い運動選手ばかりではない。歳をとっても骨盤さえしっかり管理すれば代謝は旺盛になる。骨盤矯正を見直しガンにも勝る健康体を造っていただきたい。

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
   岐阜市白菊町3−14 マルイチビル2F TEL 058-232-5036  
   ペルビック健康センター 院長 清水 忠義
  【ホームページ】http://www.pelvic-seitai.com/
posted by ペルビック at 17:21| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: