2017年03月30日

第弐章    骨盤矯正は、床に布団を敷き、仙腸関節をただす

 近頃ベッドで行う骨盤矯正の広告をよく見るが、危険だし、出来ない相談だ。  本来、床に布団を敷いて行うものだ。

 【参考写真】骨盤矯正の真骨頂「仙暘関節の操作」  http://www.pelvic-seitai.com/

 例えば一連の操作の中で師匠の五味雅吉先生が「骨盤矯正の真骨頂」と言っていた仙腸関節の操作は患者は腹ばいになり、施術者は両足を肩幅くらいに開き、中腰、蟹股で行う。その時一方の足の親指を立て、かかとの外側を鋭角に構え、ふんわりと患者の仙腸関節に乗せる。施術者は患者の片足を両手で持ち上げながら体重をかかとに移し、体重が乗り切った瞬間に一気に加圧調整する。
この時師匠は「かかとの力で床を突き抜く気持ちで加圧しろ!」といわれていた。
また、かかとを乗せた仙腸関節の位置と、構えた脛の角度(蟹股で決まる)が重要である。
 患者が怖がって固まってしまった時や、子供が泣き叫ぶ時に無理やり施術してはいけない。患者と格闘しているのに等しく何の効果もない。患者の充分な理解や納得が必要である。
 このように骨盤矯正中で最も大切な操作は、施術者の全体重を瞬時に患者の」仙腸関節に加えるものであって、フカフカのベッドでは出来るはずがないし、危険極まりない。
また師匠が矯正といわず調整と言ったのは、強力な加圧を仙腸関節に加えてもポキンポキンと音がして矯正されるには老若男女誰でも三日に一度以上施術して数年掛かるからである。
 それというのも、仙腸関節は人類が直立歩行することで上下のズレと寛骨の横への開きが起き、骨盤周りの靭帯や筋肉がカチカチに硬直して、全身の筋肉も委縮しているからである。
場合によっては骨盤がさらに悪化して筋肉の萎縮が進むと拘縮を起こし、麻痺、けいれんなど色々な障害をおこすこともある。
骨盤の歪みは赤ちゃんのときから始まり、歳の数だけ経過して限界状態に達して痛みや病気を自覚する人が多く、長い期間放置することになりカチカチになる。

 赤ちゃんの治療はお母さんが行うのが一番良い。すぐ習得できるので是非習って欲しい。いつでも教えます。
またホームページの「ママは治療師」をご覧ください。http://www.pelvic-seitai.com/mamatop.html


  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
岐阜市白菊町3−14 マルイチビル2F TEL 058-232-5036  
ペルビック健康センター 院長 清水 忠義
【ホームページ】http://www.pelvic-seitai.com/

posted by ペルビック at 11:33| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: